BLOG

日々の
暮らしの出来事

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 家のこと
  4. 【主寝室】これがあって良かった!建てる前に注目すべき5つのポイント

【主寝室】これがあって良かった!建てる前に注目すべき5つのポイント

睡眠は人生の3分の1を占める

人生の3分の1を占める「睡眠」。その睡眠の良し悪しを決める要因として、寝室環境はとても大きな割合を占めるのではないでしょうか?

今回、我が家の寝室紹介に加えて、工夫した点や気になる点などをお伝えしていきたいと思っています。

寝室の見取り図

我が家の寝室です。ベッドスペースに引っ付くかたちで書斎とウォーキングクローゼットがあります。

書斎に関しては、以下をご参照下さい。

①ベッドシェルフ

寝室に関して、唯一お願いしたのが、ベッドシェルフを取り付けることです。ベッドシェルフとは、ベッドの頭の上にある小さな棚のことを言います。スマホや時計、読みかけの本などベッドで使うちょっとした小物を置くのに結構便利なんですよね。

我が家はベッドではなく、壁に直接取り付けてもらいました(コンセント付き)。ベッド幅よりも長さがあるので沢山のモノを乗せることができます。

我が家では、スマホ、卓上ライト、本、アロマ用の陶器製小皿なんかを乗せています。

②ウォーキングクローゼット

正確には寝室とは違うスペースになるかもしれません。ただ、上の図にも載せているように、寝室と隣接しており、隔てる扉もない為、同一スペースとして利用しています。

広さは4畳程でしょうか?右半分が妻、左半分が私のスペースとして利用しています。

賃貸アパートから移ってきた身としては、ウォーキングクローゼット最高ですね!収納量は勿論ですが、畳まずに服を掛けておけるので、服を選ぶのも簡単ですし、洗濯後に収納するのも簡単です。

③天井

こちらは、入居してから気付いたんですが、寝室スペースの天井だけが「梁出し」になっています。無垢材の梁と一段高くなった開放感の効果で寝室がより落ち着いた印象になっています。

意外に盲点になるんですが、寝室では、天井を見る機会(時間)が格段に多くなるんですよね(当たり前!)。無垢材が直線的に並ぶ姿は、何だかとても気分が落ち着くので、飽きずに眺めてしまいます。

この造りは事前にやり取りした記憶がありません。大工さん(工務店さん)に感謝ですね。

④テレビ設備

書斎と寝室の間にある押し入れ(壁側)にはテレビ用の電源コンセントとケーブルコンセント?が設置されています。今は使う予定がありませんが、先々はあると便利かもしれませんね。

⑤寝室の温度

北西に位置する部屋なので、我が家では一番温度変化の大きな部屋になるかもしれません。夏は西日が入るし、冬は逆に日が入りません。

断熱材はしっかりしているし、窓も断熱仕様(西側は遮熱窓)なので、不快になる程の温度変化ではないですが、それでも他の部屋と比べると、室温や湿度の大きな部屋になります。

我が家では、家族全員が殆どの時間をリビングで過ごします。寝室は寝るだけって感じです。なので、我が家ではリビング環境を最優先に考えて設計しています。

全ての部屋をベストな配置にすることは難しいと思います。「何が一番大切なのか?」それぞれの家庭でよく考えておくことが重要だなと思いました。

まとめ

  1. 見取り図→寝室には書斎とウォーキングクローゼットが併設
  2. ベッドシェルフ→スマホや本など小物を置くのに便利 ※コンセントを忘れずに!
  3. ウォーキングクローゼット→畳まず収納が最高!
  4. 天井→無垢材の梁出しは落ち着く
  5. テレビ設備→あんまりテレビを見ないので必要性↓
  6. 寝室の温度→北西に位置するので温度変化が大きい

関連記事

プロフィール

プロフィール

はじめまして、このサイトを運営しているhiroです。

気候の穏やかな地方都市で家族4人で暮らしています。
私は、地域の工務店で注文住宅を建てたんですが、分からないことが多く大変でした。
これから家を建てる方に何かお役に立てる情報をと考えています。
大変なこともあったけど、今は毎日新しい発見があり、楽しく賑やかに暮らせています。
家のことだけでなく、庭や家庭菜園のなど様々な出来事もお伝えできたらと思います(こっちの方も楽しみ)。

ブログ